賃貸借契約解約

転職に伴って、引越を行うという方もいらっしゃるかもしれませんね。引き継ぎをしながら、引越しの準備を行うのは大変ですよね。 その前に、今のお住まいの契約については解約手続きなどは行っていますか。解約を行う場合には、賃貸借契約書に書かれている解約方法など確認しましょう。一般的には、退出の1カ月前には口頭や書類で退去の旨を伝えることになっています。しかし、物件によっては2か月前、3か月前というものもありますので確認してみましょう。

なるべく、早めに不動産会社に連絡を行いましょう。引越しの日時が決まっているという方は、この解約の流れは比較的スムーズに進みます。しかし、新しい物件が決まらなければ引越すこともできませんので、こういったことも含めて早めに部屋探しを行う必要があります。

現在の解約日と新居の契約日が、上手に重ならないかたちになることが理想ではありますが、お仕事をしながらの新居探しとなると、なかなか時間が取れないことからそうもいかないと思います。若干のダブル家賃がかかることは、ある程度覚悟しておいた方が良いかもしれませんね。無理をして、焦って新居を決めてしまい、住んでから後悔…なんてことになるよりは、多少のダブル家賃の方が良いと割り切りましょう。

まずは、引越ししなくてはいけないという状況になった場合には、早めに不動産会社に連絡するようにしましょう。引越し日が決まっていない場合には、その旨相談するようにすると良いかもしれませんね。